HOME > 診療科のご案内 > 皮膚科 > 局所多汗症

局所多汗症

局所多汗症

局所多汗症とは?

手のひら(手掌)・足のうら(足底)・わきの下(腋窩)・顔面という限局した部位から両側性に過剰な発汗を認め、日常生活に支障をきたす状態を局所多汗症といいます。体温調節の役割を担うエクリン汗腺の機能が亢進しているために起こります。
明らかな器質的原因のないもの(原発性局所多汗症)と他の病気や使用薬剤の影響でおこるもの(続発性局所多汗症)の2つに分けられます。ここでは明らかな原因のない原発性局所多汗症について説明します。
日本で原発性局所多汗症の方は、アメリカに比べると約2倍いるとされており、決してまれな病気ではありません。特に手掌と腋窩の多汗を訴える方が多い傾向にあります。
最初に症状がでるのは25歳以下の方が多く、若年から中年の方に多い特徴があり、日常生活に支障を感じる方も少なくありません。

治療は?

塩化アルミニウム製剤の外用やボツリヌス毒素製剤の注射を行っています。部位やご希望によって選択します。

← 前のページへ戻る

クリニック情報

基本予約制

tel:03-6451-0706

診療時間
  9:00 ~ 13:00
15:30 ~ 18:30

土曜日の診療受付は17:30まで

休診日

日曜日、祝日

<基本予約制>ご予約についてのお願い

患者さんの待ち時間の軽減とスムーズな診療を計り当クリニックは基本的には予約診療を行っております。出来るだけご来院前に予約を入れていただけますようご協力をお願い致します。

アクセス

東京都目黒区上目黒3-3-14
アサヒ電機朝日生命中目黒ビル2F

google mapへ

三軒茶屋にも通院可

たまプラーザにも通院可

ドクターズファイルの掲載ページを開きます。

ひとりひとりの患者さんを大切に、
地域に根ざした治療を目指して

看護師/受付 大募集してます!
(2019年10月現在)

© 2019 中目黒 あかりクリニック 皮膚科・美容皮膚科・泌尿器科

このページのトップへ移動